平成27年度におけるジュニア世代のビーチバレーボールルールの取り扱いについて

 日本ビーチバレーボール連盟から、ジュニア世代(高校生まで)における指先を用いたオーバーハンド(トスアップ)についての周知がありましたのでお知らせします。

【ルールの取り扱い】
指先を用いたオーバーハンド(トスアップ)に関して以下の通りの取扱いとする。
○  ビーチバレーボールにおける中学生・高校生(「U−19」を含む)の国内大会において、指先を用いたオーバーハンドでのトスについては、ダブルコンタクト及びキャッチの取扱いをインドア(6人制)の基準と同様の取扱いとする。
  ただし、この取扱いは、指先を用いたオーバーハンドでの「トス」に限定し、相手からの攻撃に対する(サービスを含む)ファーストコンタクトやラストボールの返球等に関しては、本来のビーチバレーボールルールの取扱い(シニアと同じ)とする。

【理由】
 今後のジュニア世代のビーチバレーボールへの積極的な参加と競技力向上に際し、経験が不足している中において、特に指先を用いたオーバーハンドを用いたトスのルールの取扱いが選手の参加意欲、技術力向上の妨げにはなってはならないと考える。また、本ルール適用により、指先を用いたオーバーハンドでのトスが積極的に活用されることにより、競技力向上に資する一つの方策になると捉え、上記の取扱いをすることにした。

平成27年度におけるジュニア世代のビーチバレーボールルールの取り扱いについて(PDF)